La vie c'est comme un petit bateau

育児日記.子供の成長の様子や,育児グッズ・絵本などを紹介していきます. 【追記】2016年に家族みんなでフランスに移住.フランス生活・フランスでの子育ても紹介していきます

次男にStokkeの椅子を購入 ⇒ 安定するし、姿勢も良くなった

先日、次男Stokke(ストッケ)の椅子を買いました。フランスで購入したのですが、約200ユーロ。日本のアマゾンでも販売していて、日本だと28000円くらいみたいですね。

少々お高いですが、作りはかなり丈夫だし、木製であたたかみがあるし、何より椅子の高さを調整することで0歳~大人まで使えるのが魅力。

f:id:ooenoohji:20170222213838j:plain

続きを読む

【ガレット・デ・ロワ】いろいろな種類のフェーブがある【フランス菓子】

以前紹介した「ガレット・デ・ロワ」の追記です。

今年、我が家で食べたガレット・デ・ロワには馬のフェーブ(ガレット・デ・ロワに入っている陶器の玩具。これを引き当てた人にはその年、幸運が訪れる、というおみくじみたいなもの)が入っていました。詳しくは以下の記事を参照してください。

petit-bateau.instafr.com

 入っている「フェーブ」について、以前の記事でも少しだけ触れました。いろいろな形やキャラクターのものがあって、コレクターもいるという話でした。本記事では、どんなフェーブがあるのか少し紹介したいと思います。

f:id:ooenoohji:20170214204133j:image

 写真のフェーブは近所のパティスリーで買ったもの。我々の住んでいるニースの海岸「天使の湾」や街並みがプリントされたものです。

続きを読む

【育児】日本でも有名な積み木の玩具「カプラ(KAPLA)」

オランダ人によって考案された積み木「KAPLA(カプラ)」。日本でも有名(らしいですね、僕は知りませんでした)な玩具。木で作られているので手触りや軽さが心地いいです。我が家の子供達も大好きな玩具の一つ。

f:id:ooenoohji:20170109215122j:image

こんな風にたくさん積み重ねて大作を作ることもできます。ちなみにこの作品は長男(3歳10ヶ月)と妻の共同作品。まだ3歳児にはこれを一人で作るのは無理か。。

続きを読む

フランスではソルド(SOLDES: セール,大売出し)が開催中

今月の始めからフランスでSOLDES(ソルド:セール,大売出しの意)が始まりました。フランスでは決められた日に、全店が同時にセールを開催します。日用品からブランド品まで安くなるので、みんなこの時期にまとめ買いします。

f:id:ooenoohji:20170123220231j:image

この写真は以前紹介した、何でも売ってるMONOPRIX(モノプリ)というお店です。写真に書いてある文字は「70%オフ」とか「一つ買うともう一つ無料(二つ買うと一つ分の値段)」などです。ここは食料品もセールになるのでとても重宝しています。

続きを読む

【育児】長男が作るプラレールが日に日に進歩している・・・そしてそれを見ている次男にも変化が・・・【成長記録】

正確に言うとプラレールではなくBRIOの線路です.長男が大好きな電車のおもちゃ・BRIOプラレールと同様に線路を繋いでコースを作り,そこに電車を走らせて遊ぶおもちゃです.このおもちゃで毎日遊んでいるのですが,長男が作る線路が日に日に複雑,且つ高度になってきています。。そしていつもそれを見て真似しようとする次男にも変化が現れました.

f:id:ooenoohji:20170112154856j:image

続きを読む

フランスのおみくじ?ガレット・デ・ロワで今年の運がわかる!【海外文化】

フランスでは1月6日ガレット・デ・ロワというお菓子(下の写真のパイ・ケーキ)を食べる習慣があります.このガレット・デ・ロワはただのお菓子ではありません,この中に一つだけフェーヴと呼ばれる小さな陶器?のおもちゃが入っていて,切り分けて食べたときにそのフェーヴが入っていた人はその一年良いことがある,というおみくじ的要素を含んでいます.
f:id:ooenoohji:20170108194008j:image

 ちなみに上の写真のガレット・デ・ロワ妻の手作り.見栄えも綺麗だったし,味も売っているものより甘さ控えめで美味しかったです.

続きを読む

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます.今年もよろしくお願いします.

さてさて,皆様はどんな年末年始を過ごされましたか?僕らは近場でのんびり過ごしました.というのも,フランスのほとんどの会社は入社一年目の人に有給休暇を与えないらしく,僕もその対象だったため,年末年始のお休みはわずか4日間(土日+残業を休みとしてもらえる制度(RTT)の2日間)でした.そのため旅行などはできず,当然日本にも帰れません.

でもフランス初心者の我々にとってはどこに行っても新鮮.なので(家族みんなは知りませんが,私は)近場でも満足の年末年始を過ごすことができました.下の写真はニースの隣町・ヴィル-フランシュ-シュル-メールの海です.

f:id:ooenoohji:20170103082807j:plain

続きを読む